【好きな子とデート】女性が求めるデートについて 好きな女性とデートしたくありませんか?

デート

恋愛処方箋をお届けします。

今回の内容は

「女性が求めるデートについて」

です。

この記事を読んでいるあなたであれば
女性とデートにたどり着けていると思いますが

もしデートまで行けていない人がいる場合は以前の記事を確認してください。

女性ウケするデートスポットをネットで調べたり雑誌を参考にして

情報収集して細切れの知識でデートに取り組む男性が多いなと思っています。

ただ、調べたからといってデートが上手く行くとは限りません。

こういった男性は少なくないとと思います。

デート慣れしてない男性

女性とデートに行けるようになった男性は絶対にこの記事をてください。

まず、デートの基本ですが

ドライブ、水族館、遊園地

上記のデートはゴミです。

絶対にやめてください。

このデートをしている方は

「一生付き合ない童貞」

になると思ってください。

1回目のデートで行うこと。

それは…

『女性の期待値を上げること』

です。

デート=その子とヤれる 

と思う方が多いと思いますが

これは無理です。

デートにきたから付き合えると思われがちですが

女性は
男性を味見しに来ているのがほとんどです。

「この男性は私にふさわしいのか」

ここを吟味(ぎんみ)しています。

デートの考えとして

男性は基本的にテンションが上がります

女性は冷静です。

デートの良し悪しで今後、

その女性と付き合えるかどうか

決まると思ってください。

残念ながら1回目のデートでは付き合える確率は

ほぼ0%です。
(好感レベルが5であれば話は変わります)

デートにきている段階では
まだ好感レベルは4(友達)です。

ただ、矛盾しているかもしれませんが

女性がデートに来る=あなたを異性

として見ています。

なので

1度デートに来た女性とは絶対に付き合えます。

『付き合えない人は単純にミスをしている』

というだけです。

ここで、デート中に女性は男性の行動を執拗に見ていますが一番が見ているのは

『会話』です。

会話下手の人は女性と長く入れば長くいるほど

ぼろが出てしまいます。

なので初デートは2〜3時間で十分です。

意識することは早めに切り上げること。

そして女性を満足させてはダメです。

男性の中では

デート=満足 

を求めていますが

女性は満足さを求めてはいません。

ここが付き合えない人が陥る罠です。

なのでデートは飲みやご飯を食べにいくことだけで大丈夫です。

嘘ではありません。

重要なのは

『相手がもっとしゃべりたいときに切り上げる』

ことです。

そしてデート後に向こうからお礼の連絡が来れば上出来です。

注意点として絶対に自分からありがとうLINEを送らないでください。

LINEを送る=今日のデートが成功しているのかの確認

となってしまうので、好意バレに繋がります。

デートの内容が良ければ必ず相手からLINEが来る

のでそこで見分けてください。

デートの切り上げ方が分からない方がいますが

簡単に説明すると

『去り際』

という恋愛テクニックが必要です。

去り際について話していきたいのですが、

今回は長くなってしまったので割愛させていただきます。

デートについての取り組み方は

今回お伝えした内容以外にも山のようにありますがもし知りたい人は

無料の公式メルマガを登録してください。

そこに大まかな答えが載っています。

以上です。

ミッチー

追伸

今すぐあなたの恋愛の悩みをすっきりと解消したい場合は場合は是非、ホームから恋愛個別相談(50分間Skypeコンサル)を受けてみてください。

確実にあなたの悩みを解決してみせます。

また、好きな女性を惚れさせるための悪用厳禁恋愛テクニックを知りたい場合は無料メルマガに登録してください。
https://my73p.com/p/r/gkb7bL2K

【恋愛処方箋 公式Twitter】
https://twitter.com/hope_renai

※ご不明な点がある方はrennaisyohousenn@gmail.comまでご連絡ください。

※この文章の著作権は全てミッチーにあります。著作権者の許可なく、この文章の全部又は一部をいかなる手段においても複製、転載、流用、転売等することを禁じます。の掲載(コンテンツを無断流用した改変の場合も含む)の一切を禁じます。また、集客・SEO対策目的でのレビュー記事・動画投稿、内容を暴露することによるビジネス行為などの全てを禁じます。上記違反した場合は厳重な法的処置を取らせていただきます。当コンテンツはあくまでも個人の使用にとどめてくようご注意ください。

コメント